妻が他人棒に夢中になるまで(完結)|寝●られ体験談|ネットで見つけた!素人の超エロい本当にあった体験談!

妻が他人棒に夢中になるまで(完結)

投稿日時:2011/02/02 08:16カテゴリ:寝●られ体験談

みなさんコメントありがとうごさいます。
楽しみにしていただいた方がこんなにいたとは驚きました。
ですが、すでに妻と所長の関係が終わっている事も公開してしまったし、横槍が入った時点で投稿を辞めようと決めていたので、今後物語として再開するつもりはありません。
気にかけていただいた方もおられるようなので、大まかな流れと、妻と私の心情だけ書き残して終わりたいと思います。
妻の心情に関しては[甘い拷問]で確認していますので嘘はないと思います。
まず一回目と二回目のセックスは妻は本当に夢中になり、激しく感じたそうです。
これから書く予定だった二回目のセックスは、欲情を抑えきれなかった妻はホテルに向かうタクシーの中で指でイカされてしまったそうです。
ホテルに着き所長はバイアグラを服用し、ホテルにいる間は数時間の睡眠以外はほとんど挿入されていたようです。
翌日の昼前に妻からホテルを出たとの連絡を受け私が駅まで迎えに行った時の妻の様子は目は潤み、口呼吸のため半開きの口、紅潮した顔で、立っているのが辛そうに壁にもたれかかっていました。
私が車を降り妻を迎えに行くと妻は膝に力が入らず私の腕にすがりつき、ごめんなさいを繰り返しました。
妻を車に乗せ、私は怒ってないことを何度も伝えました。
車を走らせ二人がセックスしたホテルに向かうと、同じ部屋が空いていたので入りました。
部屋に入った時に妻の匂いがした気がします。
私はたまらなく興奮していたのですが、妻の不安を消すため冷静を装いました。
服がシワになってしまうので脱がせ、下着姿にしてベッドで抱きしめました。
夜中まで抱かれ、失神したまま眠りにつき、目が覚めてからもう一度抱かれたそうです。
その後シャワーを浴び帰る支度をしてタクシーを呼んだのですが、朝の時間だったためタクシーが来るまで時間がかかるとフロントに言われ、タクシー到着の連絡があるまでストッキングとショーツだけ脱がされ挿入されていたそうです。
そのため私が迎えに行った時はまだセックスの途中のような感覚だったそうです。
二回目のセックスでは最初はコンドームを使ったそうですが、長時間ピストンされ秘部がヒリヒリしそうだったので二回目以降は膣外射精を条件に生挿入を許してしまったそうです。
もちろん部屋を出る直前も。
リアルな空間で私は妻の報告を聞きながら、途中で妻に何度も挿入を求められましたが報告が終わるまでは我慢してもらい、私は妻の手で何度も射精しました。
その後私は妻とセックスをしましたが、所長に高められた性感のため妻は何度も絶頂に達しました。
妻はホテルを出た後も何度もごめんなさいを繰り返しました。
この時私は妻の心を奪われてしまうのではないかと不安を覚えました。
ちなみに本編ではこの時点でピル服用を望んだと書きましたが、実際に妻がピル服用を望んだのはもっと後の話です。

その後ですが、所長との関係が終わってからの妻の報告だと二回目のセックスの二週間後ぐらいに一度だけ妻は私を裏切ったそうです。
私に内緒で昼間所長に抱かれたそうです。
この出来事が結果的に私達夫婦を救ってくれました。
事前に私の同意を得ず、隠し通すつもりで所長に抱かれた妻は、絶頂に達する事なく帰宅したそうです。
その時に、嫉妬と興奮に悶えながら待つ私がいて、帰ってから嫉妬に狂った私にお仕置きされるドキドキ感がないと自分は感じないんだと気付いたそうです。
それからの妻は私を嫉妬させ楽しみ、自分がお仕置きされるのを楽しむために、私に隠すことなく所長に抱かれようと決めたようです。
悪く言えば所長とのセックスは私とのセックスを楽しむためのスパイスです。
そう考えるようになってから再び所長とのセックスでも快楽を得られるようになったそうです。
私はつい最近それを知って驚きました。
妻が所長に抱かれるのは所長のペニスにに夢中になっているからだと思っていたのですから。
妻が何度も繰り返し言った「絶対にパパからは離れないから心配しないでね。」という言葉は、所長とのセックスそのものに感じてるわけではないという意味だったのです。
私がいないと気持ちよくならないと気付いたからなのか、春頃から妻と私は新婚時代のようになりました。
本編に書いた私の好みの服装や髪型に変えたのは実はこの頃です。
四月に迎えた妻の誕生日にヘルメットをねだられ、私が平日休みを取り妻を乗せてバイクで日帰りツーリングにでかけたりもしました。

その後妻は子供達を置いていくのは可哀想だと二輪免許を取り、どこに隠していたのかヘソクリで自分用のバイクを買い、子供達を乗せて二台でツーリングに出かけるようになりました。
おかげで妻を私の後ろに乗せて抱きつかれる機会は減ってしまいました(苦笑)
9月の私の誕生日にはデートもしました。
妻が暴走し、危険な時期なのに中出ししてしまい、妻がピル服用を望んだのはこの時です。
妻が初めて紐パンを穿いて、紐パンの紐をプレゼントのリボンに見立ててほどいたのもこの時です。
本編ではミニスカートにガーターベルトと書きましたが、実際はワインレッドのスリーインワンに同色の紐パン、スリーインワンのサスペンダーに網ストッキングを吊り、赤のサテンのブラウスと、フロントファスナーの黒のロングタイトスカート姿で、ファスナーを膝上まで上げ、座ると深いスリットからストッキングの上の太ももが見えてとてもセクシーでした。
所長には月に一度ぐらい抱かれに行き、私の寝取られ願望を満たしてくれて、妻のお仕置きされたい願望も満たしました。
それでも泊まりになることはなく、夕方から出掛けて夜中の12時前後には帰宅しました。
私の誕生日のあとの生理に合わせピル服用を始めましたが、所長とは二回目のセックスの時を最後にピル服用するようになってからもコンドーム使用のセックスをしていたそうです。
私のためだけにピル服用を始めたそうです。
でもこれにはドキドキさせられました。
所長に抱かれに行く前はいつも「今日はゴム無しで入れてもらって中でイッてもらうの。ドロドロのまま帰ってくるから楽しみにしててね。」と言うんですから。
帰ってきて調べるといつもゴム臭がし、精液のかけらもないのですが(笑)
最初だけゴム臭を付けるためにコンドームを使用して生挿入し、中出しされて洗い流したのではと疑惑は持ちましたが、そうではない事を例の[甘い拷問]で確認してあります。

そして所長との関係の終結です。
昨年の最後のデートの時に、1月8日に姫初めの約束をしたそうです。
妻は所長に抱かれる前に私に抱かれたいと挑発しましたが、私は拒み続けて所長が今年の最初の男になるよう仕向けました。
約束の日になり妻はとても不満そうに夕方出掛けていきました。
そして夜九時頃帰宅しました。
妻によると所長が私をバカにする様なことを言ったそうです。
所長と姫初めするよう仕向けられただでさえ不機嫌だったところに、勝ち誇った顔で私をバカにしたのが許せなくてホテルに入る前に別れを告げ帰宅したそうです。
帰った妻にしっかり犯されました(笑)
現在は約一年の所長とのセックスを多少(?)脚色し、嫉妬させてくれています。
「パパごめんね…本当は二回目のお泊まりの時に中に出されちゃってたの…所長の大きいおちんちんに夢中だったんだもん…あっダメ… 縄なんかで縛らないで…」
これで大まかな流れと私達の心情の報告を終わります。
やはりうまくまとめられません(苦笑)
もしもまた妻に男ができたら今度はリアルタイムに書き込みに来ます。
みなさんお付き合いありがとうございました。

↓↓↓
素敵な相手を見つけられる写メ付掲示板がリニューアルオープン!!