ポリネシア人のセックス(追伸)|その他|ネットで見つけた!素人の超エロい本当にあった体験談!

ポリネシア人のセックス(追伸)

投稿日時:2017/04/24 05:56カテゴリ:その他

いにしえの日本人がどのようなセックスを行っていたのか
その名残が言葉として残っているようなので、それを紹介します。
「まぐわい」 です。これは「セックス」 という意味の名詞です。その意味を調べると。 

(1) 目を見合わせて愛情を通わせること。 
「まぐわいして相婚(あ)ひたまひて――古事記(上訓)」
この名詞の解説にポリネシア人のセックスと倭人(先祖)たちのセックスとの共通点が浮かび上がってくるのです。セックスとは「目を見合わせて愛情を通わせること」。このことは『エロスと精気』でセックスを説明する部分と多くの点で符合することがわかります。

実際に結合するセックスは普通、5日に一度、中の4日はしっかり抱きあって、肌を密着させて眠り、性器の接触はしない。セックスをするときは、前戯や抱擁や愛撫に最低1時間をかける。お互いの心と体が緩んで、なじんだときに、女性の中に挿入していく。挿入した後は動かずに、じっと抱きあっている。じっくり時間をかけることが、南海諸島の性分化に共通している特徴です。

* 注意しなければならないことは愛撫の際は、男性は女性のクリトリスを一切刺激してはいけないということです。また女性は、クリトリスを刺激してくる低俗な男性などとは結婚しない、セックスを受け入れないことも大切だといいます。マスターベーションの際も、ヴァギナで感じることを知らないクリトリス・オーガズムは強く否定されています。


↓↓↓
素敵な相手を見つけられる写メ付掲示板がリニューアルオープン!!