ハイエース|修羅場の話|ネットで見つけた!素人の超エロい本当にあった体験談!

ハイエース

投稿日時:2014/12/08 15:48カテゴリ:修羅場の話

私が中学生の時に近所の家で火事が起きた。
火の海だったんだけどベランダから女の子と母親が煙に巻かれながら助けてと叫んでた。
でも、ベランダ下からすごい勢いで火が出てたから誰も助けられず遠巻きで見てるしかなかった。
周りの人達はもうすぐ消防が来るから頑張れと叫んでた。
実は後で知ったんだけど別の所の火事で一番近い消防署から出動していて時間がかかってた。
消防はまだかまだかと皆が焦ってた時にうちの父が仕事用のハイエースでその家に突っ込んだ。
ブロック塀を破壊して炎が飛び出してるベランダ下に強引に乗り付けてハイエースの屋根に登ってベランダに登っていた。
それを見てた近所の他の男性も助けに入り、焼け石に水かもしれないけど水まきホースを強引に伸ばしてベランダへかけ始めた。
最初に女の子をハイエースの屋根に登ってきた別の男性に手渡して、次に女性を担ぎあげてベランダの柵から投げ落とした。
ハイエースの屋根が窪むほどの衝撃だったんだけど、その時点で父は左肩にかなりの火傷を負っていて危ないと感じたから投げ落としたそうだ。
その後父も飛び降りて脱出。ハイエースも別の男性が動かしてボロボロの状態で脱出。
その時には救急車が来て女の子と母親が連れて行かれて、近所の人の車で父が病院へ連れて行かれた。
それから5分ぐらいして消防車が到着。
でも時既に遅く、火元の家は全焼、隣と裏手の家も半焼した。

そして父と母は病院で大喧嘩をしてイチャイチャした結果、私に10歳以上も歳が離れた弟が出来たことが修羅場です。

ちなみに市と消防から表彰されたけど世間の目にさらされたくないという理由で式典?の取材拒否して表彰状を偉い人から手渡されただけだった。
ハイエースの修理費や火傷の治療費は本当は自腹になるとこだったんだけど、火元のご主人と近所の人達がお金出してくれて自腹は少しで済んだそうだ。
こういう人助けの場合って保険も使えないらしいです。故意に怪我をした壊したってことでダメだそうだ。

もうすぐ定年になる父だけど、左肩から首筋の火傷が今でも薄着すると見えます。
あの時は子供心に自分の父親はヒーローだと思ったけど、大人になってからはなんて危ないことをしてたんだろうと思えるようになりました。

↓↓↓
素敵な相手を見つけられる写メ付掲示板がリニューアルオープン!!